キャンプ道具を見て!見せて!キャンプ 2019

2019年9月28-29日(土・日)

 

キャンプ好きのみなさま。こんにちは、南海道ネットワークの松野です。

昨年とてもよかったので、今年もやります。田ノ浦野営場でのキャンプ。

週末が近づくにつれ、山・川・海、どこでキャンプしようか? と楽しく計画を立てる人も多いはず。キャンプ好きなら、どのフィールドでも楽しんでいることでしょう。

ところで、あなたを楽しませてくれるキャンプ、何が魅力でハマっていますか?キャンプが好きな理由は、人それぞれ。

・朝から晩まで外遊びができる!
・自然の中で食べるご飯がおいしい!
・焚き火が好き!
・テントで泊まるのが楽しい! など

屋外で「遊ぶ」「食べる」「泊まる」ということは、いろんな道具を使いますよね。私もいろんな道具を使って、キャンプを楽しみます。楽しみながらも、キャンプ場でいつも気になることがあります。

それは、「他人が使っているキャンプ道具」です。

『星の数ほどあるキャンプ道具の中から、アレを選んだ理由が知りたい。使い心地はどうなんだろう?』

と思うわけです。
キャンプ場で私と同じような思いを抱いている人はきっと多いはず。

また、『自分が使っている、愛着がある道具を知ってほしい!』という人もいるでしょう。キャンパーにとって、道具はパートナーのようなものですからね。誰かに紹介もしたいはず。

そこで、「他人のキャンプ道具の物語」に触れる機会を設定することにしました。

名付けて『キャンプ道具を見て!見せて!キャンプ』。

特別なプログラムがあるわけでは、ありません。各自で楽しみながら、キャンプ道具の情報交換が自由にできる、ゆるいキャンプです。

■開催日時
2019年9月28日(土)13:00—29日(日)13:00

■開催場所
田ノ浦野営場(香川県東かがわ市3017−2)

■参加費
無料(保険は各自でご加入ください)

■プログラム
特別なプログラムは、決まっていません。
28日(土)17:00—21:00をコアタイムとして、情報交換の場を設定します。
食事含めその他は、申し込みした皆さんとfacebookページでやりとりして、決めましょう!

■定員
15組程度

■対象
「こんな人は、来てみるといいよ!」
・自分のキャンプ道具を披露したい。
・他人のキャンプ道具を見てみたい。
・たまには違うメンバーとキャンプしたい。
・世話人(下記)に会ってみたい。

■持ち物
・屋外で1泊2日できるキャンプ道具
・紹介したいキャンプ道具

■申し込み
facebookページの参加予定をクリック!

https://www.facebook.com/events/2379092252309056


世話人
青木将幸(あおき・まさゆき)青木将幸ファシリテーター事務所 代表
菊間彰(きくま・あきら)一般社団法人をかしや 代表
河野宏樹(こうの・ひろき)環境教育事務所Leaf 代表
松野陽平(まつの・ようへい)絆創工房 代表

釣りの基本をマスターする2日間

〜釣って、さばいて、食べちゃおう〜

2019年10月26-27日(土・日)の1泊2日

みなさん、こんにちは。ファシリテーターの青木将幸です。
僕の趣味は「釣り」です。仕事で忙しい日々の合間をぬって、なんとか時間を見つけては釣りに行っています。

釣りは、とても面白いです。まず、魚を釣ろうと思ったら、海のことを知らないといけません。潮の満ち引きや、海底の形状、波や風の状況を読まないと、とても釣りになりません。また、魚についても詳しくなります。どの魚がどの時期に産卵をしに岸辺に寄ってくるとか、この魚は夕方のこの時間帯に活動が活発になるとか。

何度も何度も釣れない悔しい思いをしながらも、ようやく釣った一匹の喜びと言ったら、言葉に言い尽くせません。

というわけで、釣りが好きすぎて、ちょいとイカれてしまった僕なのですが、少しでもこの喜びを共有しようと「釣りの基本をマスターする2日間」なる企画をリリースさせて頂きました。

講師は、僕の釣りの師匠のマロ、こと菊間彰さん。

マロは、僕に釣りの基本を教えてくれた恩人です。例えば釣り糸の結び方(ロープワーク)も、「この2つだけ覚えておけば、なんとかなる」という必要最小限のことを、しっかり教えてくれます。

彼が教えてくれる時、さすがプロのインタープリターだなぁと感じるのですが、わかりやすいフリップや、クイズや、いろんな小道具を駆使して初心者にも飲み込めるような案内をしてくれます。

また、魚を釣ったあとのさばき方や、調理についても、楽しく飲みながら味わう術を余すことなく教えてくれるのです。

僕が大好きな釣りの師匠、マロと淡路島で、一緒に釣りの基本をマスターする2日間です。

初心者の方、まったく釣りをしたことがない方でも参加可能です。もちろん、ある程度釣りができる人が、丸2日間、えんえんと釣りに没頭することも可能です。釣りは一度覚えたら、一生楽しめる趣味です。ぜひ、これをきっかけに、魅力あふれる「釣り」の世界を一緒に楽しみましょーー!

■日時:2019年10月26日と27日(土・日)の1泊2日

■集合・解散:
1車の方は現地に10:30ごろ集合・現地解散
2バスの方は、陸の港西淡バス停(兵庫県南あわじ市) に10月26日の10時10分に集合 (※神戸三宮を9:00に出るバスに乗っていただきます。東京からでも朝6時の新幹線で到着可能) 27日の15時すぎに解散予定

■会場:津井の家 琴屋(南あわじ市津井1348)

■参加費:18,000円(宿泊費・プログラム費・釣り具レンタル代含む)

■持ち物:水筒、着替え、夜の宴会のお酒やお菓子の差し入れ(任意)、レンタル釣り具もありますが、試してみたい釣り具などあれば持ってきてもOK

■この2日間は、こんなことをやるイメージです
・釣りって、どんな遊び?
・釣りの安全管理について
・釣りに必要な道具って?
・釣り糸のむすび方、しかけのつけ方、はずし方
・ハリにエサをつけてみる
・釣ってみよう
・釣った魚をさばいてみよう
・釣った魚で料理しよう
・夜釣りや、朝づりにチャレンジ
・釣りの上達のためにできること/虎の巻


■講師:
菊間彰(きくま・あきら) よろず体験事務所をかしや 代表
http://wokasiya.jp/
1974年生まれ。「一般社団法人をかしや」代表。環境教育と自然ガイド(インタープリテーション)が専門。エコツアー企画・実施、人材育成研修、各種ワークショップを手がける。富士山麓の「ホールアース自然学校」、沖縄のエコツアーガイド、愛知万博「森の自然学校」、「生態計画研究所」を経て、2008年より愛媛県今治市に移住、をかしやを設立。「まごころこめて、ほんものを提供する」がモットーのインタープリター(自然案内人)。人と自然が好き。日本中の観光ガイド、歴史ガイド、ジオパークガイド、インタープリターの育成を手掛けている。現在、ガイド術に関する著書を執筆中。釣り好き。

■世話人:
青木将幸(あおき・まさゆき) 青木将幸ファシリテーター事務所 代表
http://www.aokiworks.net/
1976年生まれ。熊野出身。環境NGO、企画会社などを経て、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。年回100回近くの会議、研修、ワークショップの進行役として、全国を駆け巡る。2012年3月に淡路島に移住。最近は、釣りや料理、古民家の手入れ、山伏修行、馬合宿、瓦の音楽などで、マルチに活動を展開している。ひまを見つけては釣りにでかける43才。

■お申し込みは:フェイスブックイベントページに「参加」のクリックのうえ

https://www.facebook.com/events/513816682723912/


office@aokiworks.net まで以下の項目をお送りください
メールの件名を「釣りの2日間」とお書き頂き、お送りください。
・お名前:
・性別:
・開催時の実年齢(保険加入用):
・携帯電話番号:
・メールアドレス:
・どちらの市町村からの参加ですか?:
・移動手段:自家用車 or 高速バスなど公共交通機関
・ふだん何をしている人ですか?:
・参加にあたって、一言:

■主催:南海道ネットワーク
■企画:青木将幸ファシリテーター事務所